送り速度の決め方

送り速度とは

加工中に工具が進む速さの事です。単位はmm/minで、1分間に何ミリ工具が進むかです。
切削速度とは異なるものなので注意!
送り速度は切削条件の中でも特に重要な設定内容です。

切削条件の目安

まずは切削する機械の推奨する切削条件の目安を確認します。
ここが重要です。僕の場合、我流で1年くらいやってましたが、切り込み量を推奨値の10倍、送り速度が1/10くらいでやってました。
目安の値があるとも知らず。。
KitMill BTの場合だと、アクリルで
刃物直径2.00mm
切り込み量0.10mm
XY軸 送り速度480.0mm/min
Z軸 送り速度100.0mm/min
といった具合です。

ポイントはXY軸 送り速度と切り込み量です。
ちなみにアルミの目安は
刃物直径2.00mm
切り込み量0.05mm
XY軸 送り速度300.0mm/min
Z軸 送り速度60.0mm/min
でした。

ここから歯の数や刃物直径などと考慮に入れて調整を行っていきます。

イメージ

じーっくり動きながら削っていくのではなく、平面移動は速く動かして薄く削っていく感じです。