“通信とセキュリティーどうしようか問題”をソラコム(SORACOM)で解消!

2015年に話題になったSORACOMですが、当時は興味がなかったためスルーしていました。
改めてサービスをみてみると、すごく興味が湧きます!

個人メイカーは既存のフレームワークを利用しまくるべきだと思います。さらに言えば既存のサービス(道具)から逆算してサービスを考えることだって大切だと思います。

すこし詳しくみてみましょう。

SORACOMとは

IoT プラットフォーム SORACOM は、 MVNO としてデータ通信 SIM を提供しています。また、モバイル通信とクラウドを一貫して提供しており、以下のような特徴を持っています。

  • 少ない初期コストで IoT / M2M の「つながる」を実現します
    IoT / M2M デバイスのモバイルデータ通信を 1 回線分から始めることができます。1日10円からの従量課金でご利用いただけます。
  • IoT / M2M デバイスを監視、管理でき、デバイスや通信の運用を容易にします
    Webコンソール/APIで、複数SIMを一括管理/監視を可能にします。
  • セキュアな IoT / M2M システムの構築を可能にします
    プライベート接続や専用線接続サービス、暗号化、デバイスの認証サービスなど、セキュアな IoT / M2M システムの構築をサポートします。引用:https://soracom.jp/

注目は SORACOM AIR

タイトルにも書きましたが、アイデアを考えててよく行き詰まるポイント”通信とセキュリティーどうしようか問題”を解消してくれるサービスです。
価格も個人メイカーで対応できるレベル!これを使わない手はないですよね。
利用事例をいくつか見たのですが、実用的なものばっかり!悪く言えばあまりわくわくしないものばかりでした。

他のsimと何が違うの?

最大の特徴はAWS(アマゾンウェブサービス)との連携が前提につくられているところだと思います。
アマゾン自体が通信までフォローしてるわけではないので、現時点でsimとAWSを組み合わせたいときのベスト解かと!